ストレスケア・コム トップへ
Yahoo!ブックマークに登録  
 




   
 

 【ストレスとは】
ストレスって何?
「ストレス」と「ストレッサー」とは?
「ストレス」という言葉の始まり
ストレスは「変化」への適応プロセス
ストレスには「良いストレス」もある
ストレスは受け止め方で違ってくる
「急性ストレス」と「慢性ストレス」
日々の「小さなストレス」も・・・
ストレスは「心」と「体」と「頭」に影響する
「ヒューマン・ファクター」としてのストレス
適度なストレスはパフォーマンスを高める





<ストレス講座> ストレスって何?   (2/10)





「ストレス」という言葉の始まり


 「ストレス」という言葉は、もともとは、物理学で使われていた言葉です。

 1936年に、カナダの生理学者ハンス・セリエ博士が、イギリスの雑誌「ネイチャー」誌に短い論文(A Syndrome Produced by Diverse Nocuous Agents)を発表したことがきっかけとなり、医学の分野でも使われるようになりました。

 セリエ博士の説は、後に「ストレス学説」と呼ばれるようになり、セリエ博士が「ストレスの発見者」と考えられています。




1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

前のページ 次のページ







会社情報  掲載メディア  ご利用規約  プライバシー  ストレスチェック  ストレスお悩み相談 
<著作・制作 株式会社メンティグループ>   Copyright ©   Contents: Mentee Group Inc. Photos: iStockphoto etc.