ストレスケア・コム トップページへ
ストレス・コメントストレス・お悩み相談&応援ストレスチェックエゴグラム性格チェックワーク・ライフ・バランス・チェック心の多様性チェックストレスとは何か。
shutterstock
 
事故・出来事から学ぶ 心の安全対策
著:(雑誌掲載記事)


<連載 第18回>
3分以内の「遅れ」は、ミスをしやすくなる


福知山線事故から学ぶ「遅れ」の心理

 平成17年に起こったJR福知山線の列車脱線事故では、多数の方が亡くなられ、怪我をされました。
 私たちは、犠牲となった方々のためにも、事故を記憶し、事故から学ぶべき点を探っていかなければならないのではないかと思います。

 ここでは、技術的な要因を除いて、ヒューマン・ファクター(人的要因)に絞って見ていきたいと思います。

 国土交通省から公表されている鉄道事故調査報告書(平成19年6月28日)によりますと、 当該列車は、1つ前の駅に停車するときにオーバーランをし、所定の停止位置までバックしました。 そのため、出発時間が約1分20秒遅れました。
 運転士は、遅れを取り戻すために列車を加速させました。カーブにさしかかりましたが、運転士は車内通信のやりとりなどで注意がそれていて、ブレーキをかけるのが遅れました。 その結果、列車が脱線したとされています。

 ヒューマン・ファクターとしては、
「遅れ」を取り戻そうと思った
注意がそれた
 という2つの点は、大きなポイントです。

 調査報告書の中では、運転士50名ほどへのアンケート調査も行われており、次のような結果が出ています。

Q 自分が運転する列車が遅れる場合、どの程度の遅延時間のときが最も心理的な負担になり運転のミスにつながりやすいと思うか?

 (遅延時間)     (割合)

 1分未満       24%
 1分以上3分未満   61%
 3分以上10分未満   8%
 10分以上      10%
    (複数回答者が1名いた)


微妙な遅れのときが、一番危険?

 この調査結果によれば、3分未満の「遅れ」のときには、心理的負荷が高まり、ミスをしやすいようです。

 報告書の中では「3分以上の遅れが比較的負担になりにくいことについて、遅れが3分以上となると回復することを諦める旨回答した運転士が多かった」と付記されています。

 私たちは、「遅れ」が大きくて回復不能な場合は、あきらめの気持ちになり、時間的なストレスをあまり感じなくなるのかもしれません。
 しかし、取り戻せそうな「遅れ」の場合は、「まだ何とかなる」という思いが強くなって、ストレスが高まってしまうようです。

 私自身、最近、そういう失敗をしています。

 ある用件があり、待ち合わせ時間にちょうど間に合うくらいの時間に家を出ました。
 駅に着いたら、電車がホームに入ってくるアナウンスが聞こえました。「急げば乗れる」と思って走ったのですが、交通カードの残高が足りなかったため、あわてて券売機でチャージしました。

 改札を入ったところで「あっ!」と、券売機前に忘れ物をしたことに気がつきました。
 戻って忘れ物を取りに行き、結局、電車を2本乗り過ごしました。

 「急げば乗れる」と思ったことで、「この電車に乗る」ということにだけ注意が向いて、他のことに注意が向かなくなってしまいました。


焦りによるミスをどうやって減らすか

 では、どうしたら遅れそうなときの焦りによるミスを防げるでしょうか。

 遅れが出ているときには、自分の状態を自覚することで、冷静さを取り戻せるとされています。
 「遅れているから、私は焦っている」「タイム・ストレスがかかっているから、慎重に」などと認識することが、焦りによるミスを起こりにくくするようです。

 自分自身の反省を込めて言えば、やはり、時間の余裕を持って出かけるべきだったと思っています。
 ギリギリの時間に出かけたことが最大の間違いでした。また、交通カードには、残高が少なくなってきた時点でチャージしておくべきでした。残高に余裕があれば、ミスをしなかったかもしれません。

 「遅れ」による焦りから来るミスを減らすには、事前にきちんと「準備」をし、余裕をつくっておくことが重要だろうと思います。

 「物理的な準備」とともに、「頭の中の準備」も役に立つと言われています。
 あらかじめ頭の中でシミュレーションしておくと、実際に出来事が起こったときに、ストレスに影響されることなく落ち着いて考えられることがわかっています。

 事故調査報告書のデータからわかるように、3分未満の遅れが案外危険なようですから、「1分遅れているときは、どうするか」「3分遅れているときは、どうするか」といったシミュレーションをしておくと、遅れが出たときのミスの減少に役立つかもしれません。


「遅れ」によるミスを防ぐポイント

取り戻せそうな「遅れ」のときのほうが、ストレスが高まり、ミスをしやすい

大きな「遅れ」の場合は、あきらめの気持ちになる

「遅れ」が気になると、そのことにだけ注意が向いて、他のことから注意がそれる

事前の準備によって「遅れ」を生まないようにすることが重要

「遅れ」が出たときの対応法をシミュレーションしてみることも有効

「遅れ」が出たときは、自分の状態を認識して、客観的に自分を眺める


東京建設業協会発行 『Terra』 2018年02月号掲載
 <pdf版はこちら>
*pdf版は若干内容が異なることがあります。


[ 職場のストレスマネジメント ]

目次








 



 【中高生版】 悩んでいるとき… 

嫌なことを思い出さないようにすることはできる? 中高生版ストレス講座(1)
世界の多くの中高生が「死にたい」という思いに苦しんでいます。
親や先生に口で言えないときは、手紙を書いてみましょう。
世界で数百万回見られている動画。中高生時代のいじめ、自殺未遂が語られています。
自傷行為で悩んでいる人のための情報です。置き換え法も考えてみて。
小中高生のための24時間 電話相談先です。相談の仕方についの情報も。

 <コメント投稿コーナー>


ストレス関連テーマへのコメント・コーナーです。

  <最近のコメント・テーマ>



 <8つのチェックテスト>


ストレスがたまっていないかチェックしてみましょう。

ストレスチェック学生版です。

ストレスが「頭の働き」に影響していないかチェックしてみましょう。

自分の状態について知ることは、ストレスケアの第一歩です。


 <ストレス解消・リラクセーション>


自分なりのリラックス法を見つけておきましょう。


リラクセーション

ギュッと力を入れてから、フッと力を抜くことで、リラックスする方法もあります。


気分を変える方法にはいろいろなものがあります。


気分転換をする

写真から選ぶ









ライフスタイルを変える


休息をとる


サポートを受ける


本格的にケア&キュアする

みんなのストレスケア

私はこんなやり方をしています


みなさん、いろいろな工夫をされています。

仮想旅行をする人、畑仕事をする人、ダラダラする人、踊る人、闘う人・・・

みんなのストレスケア評価




1位 ライブへ行って熱狂する
2位 旅行をする
3位 親しい人と食事する




1位 伸びをしながら深呼吸する
2位 目の前の空気を殴ってみる
3位 コーヒー・紅茶・お茶を飲む



 <情報コーナー> (メンタルヘルス対応も)

PTSDは、「障害」か「けが」か? 新しい発想の言葉「OSI」も出てきています。
ストレスを乗り越えて「成長」する「PTG」とは? トラウマは成長につながるか?
ストレスの「バスタブ・モデル」って何? お風呂にストレスケアのヒントが…


部下の不調に気づいたときに、管理職はどう対応したらいい? エスコートという考え方。
家族・友人の不調に気づいたときに、どうしたらいい? エスコートという考え方がポイントです。
セルフケア教育のカギを握る「セルフ・スティグマ」とは?

   
AI、自動運転が間近になってきています。AI時代のストレスマネジメントについて考えます。
「ストレス」と「生産性」の関係は? 欧州24か国のデータから探ってみます。
心身不調時の欠勤コスト(アブセンティーイズム)と出勤コスト(プレゼンティーイズム)


 <職場のパワハラ(パワーハラスメント)防止> 

           
パワハラって何? 6類型とは? 置き換えテストとは? よくある誤解は? 簡単に解説します。
ハラスメント」という言葉は、もともと軍事用語でした。けっこう重大なニュアンスを含んでいます。
意外にも、戦争に行かない兵士の自殺が増加。なぜ?「リーダーシップ」との関係は…


 <震災ストレス関連情報>

避難生活をされている方は「リロケーション・ストレス」にもお気をつけ下さい。
良い支援をするには、支援者のストレス・マネジメントも大切です。
311震災時のストレス・お悩みを再掲載いたしました。


 <みなさんのチェック結果からわかったこと>



 おかげさまで、ストレスチェックは延べ360万人の方にご利用いただきました。このうち、PC版のチェックをしていただいた170万人分のデータを分析いたしました。
この日は、ストレスが高い!

季節との関係はある?

「曜日」「時間帯」との関係はある?

気候や天気との関係はある?

プロフィールによる違いはある?

大震災との関係はあった?

経済指標との関係はある?



 <ラーニング&レポート>







 <ストレス・お悩み 相談&応援コーナー>



  過去のご相談の中から、ピックアップ(週替わり)




トップページ  会社情報  掲載メディア  ご利用規約  プライバシー  ストレスチェック  ストレスお悩み相談 
<著作・制作 株式会社メンティグループ> Copyright © Contents: Mentee Group Inc. Photos: iStock, shutterstock etc.