ストレスケア・コム トップページへ
ストレス・コメントストレス・お悩み相談&応援ストレスチェックエゴグラム性格チェックワーク・ライフ・バランス・チェック心の多様性チェックストレスとは何か。
shutterstock
 
職場のメンタルヘルス
著:
『プラントエンジニア』誌 2010年4月号掲載


<連載 第1回>
リンカーン、チャーチルと「メンタルヘルス」


リンカーン、チャーチル、ガンジーに共通することは?
メンタルヘルスのための3つの大切なメッセージ
すべての人の能力を活用するために


リンカーン、チャーチル、ガンジーに共通することは?

 リンカーン、チャーチル、ガンジー。この3人に共通することは何でしょうか。

 3人はそれぞれ、アメリカのため、イギリスのため、インドのために重要な仕事をし、国家に大きな貢献をしました。それぞれの国で、偉大な人物として、多くの国民から尊敬されていることは、3人の最大の共通点と言っていいでしょう。

 と同時に、この3人は、「うつ病」の経験を持っていたことでも共通しています。当時はまだ診断基準は確立していませんが、現代の診断基準で言うと「うつ病」に該当するとされています。
 また、3人の時代には、効果的な治療薬・治療法もありませんでしたから、3人は、生涯にわたって「うつ病が治らなかった」という点でも共通しています。

 この3人がうつ病で苦しんでいたという話は、欧米のメンタルヘルス教育ではよく取り上げられます。

 なぜ、よく取り上げられるのでしょうか。そこには、メンタルヘルス不調になった方、サポートする方、そして一般の方に対して、伝えたい3つの大切なメッセージがあるからです。



メンタルヘルスのための3つの大切なメッセージ

 1つ目のメッセージは、「心の病気になることを、恥ずかしいことだと考えないようにして下さい」というものです。

 心の不調を抱える人の中には、「世間体が悪いし、人には知られたくない」とか「自分が弱いからこんな状態になってしまったんだ」というような、恥ずかしさに似た思いを抱く人がいます。

 こうした気持ちを抱いていると、苦しくても人に言えなかったり、人に知られるのが不安で医療機関の受診を躊躇してしまったりすることが起こります。

 3人のエピソードが取り上げられるのは「心の病気は、リンカーン、チャーチル、ガンジーのような人でもなるもの。弱いからなるというものではありませんよ。恥ずかしいことではないですから、人に話して助けを求めて下さい」というメッセージを伝えるためです。

 2つ目のメッセージは、「心の病気になってしまったとしても、何か『できること』はあるはずですよ」というメッセージです。

 リンカーン、チャーチル、ガンジーは、うつ病に苦しめられていましたが、それでも自分の「できること」を精一杯にやって、偉大な業績を残しました。

 心の病気に限ったことではありませんが、何らかの病気になると、以前にできていたことができなくなったりして、「できないこと」ばかりに意識が行きがちです。

 この3人の偉人の話は「苦しいときでも、自分の『できること』に目を向けてみると、少し違った視界が広がってくる場合がありますよ」というメッセージを伝えるためのものです。

 3つ目は、「メンタルヘルスにあまりこだわりすぎないほうがいいですよ」というメッセージです。

 心の健康状態を保つことはとても重要なことですが、それがすべてではありません。健康ではなくても、「充実した、満足度の高い、幸せな人生」を目指すこともできるはずです。このような状態は、「ウェルビーイング」と呼ばれています。

 3つ目のメッセージは、「不調を抱えたままでも、リンカーンやチャーチルのように、充実した、意義のある人生を目指してはどうでしょうか」という提案です。



すべての人の能力を活用するために

 ところで、もし当時の人たちが「リンカーンは心の病気だから・・・」「チャーチルは精神的な病気だから・・・」という理由で彼らを差別し、社会から排除してしまっていたとしたら、どうなっていたでしょうか。

 おそらく、国家にとっても、国民にとっても大きな損失につながっていたのではないでしょうか。

 心の病気を抱えた人の中には、100%の力は出せないけれども、サポートがあれば40%、50%の仕事はできるという人もいます。

 もしかすると、現在の日本にもリンカーン、チャーチル、ガンジーのように「心の病気を抱えていても、偉大なことができる人」がいるかもしれません。その人たちの力を社会の中に取り込んで、不調者も含めて、みんなにそれぞれの「できること」をしてもらえば、社会にとって大きな力となるはずです。

 職場でも同じことが言えます。「不調になったから、まったく働けない」と決めつけるのではなく、その人の「できること」に目を向ければ、労働力の有効活用につながる可能性も出てきます。

 本人や医師とよく相談することが前提ですが、症状の軽い人や回復が進んだ人で「働きたい」と希望している人は、うまくサポートして、職場の中で何らかの形で力を生かしてもらう。それは、本人の満足感・充実感の向上につながるだけでなく、職場にとっても「労働力を眠らせておかない」という点でメリットがあるはずです。

 「すべての人の能力を余すところなく活用する。そのために必要な支援をする」――これが、職場のメンタルヘルス対策の大きなフレームワークであり、同時に、人事戦略やマネジメントにも共通するフレームワークではないかと私は考えています。

『プラントエンジニア』誌 2010年4月号掲載
 <スキャンpdf版はこちら>
*若干内容が異なることがあります。


[ 職場のメンタルヘルス ]

目次








 



 【中高生版】 悩んでいるとき… 

嫌なことを思い出さないようにすることはできる? 中高生版ストレス講座(1)
世界の多くの中高生が「死にたい」という思いに苦しんでいます。
親や先生に口で言えないときは、手紙を書いてみましょう。
世界で数百万回見られている動画。中高生時代のいじめ、自殺未遂が語られています。
自傷行為で悩んでいる人のための情報です。置き換え法も考えてみて。
小中高生のための24時間 電話相談先です。相談の仕方についの情報も。

 <コメント投稿コーナー>


ストレス関連テーマへのコメント・コーナーです。
PICKUP
みんなのストレス解消法

(約700件)


暗いけど鏡にむかって自分に話しかける。いつのまにか笑顔になっている …
20代 女性

  <最近のコメント・テーマ>



 <8つのチェックテスト>


ストレスがたまっていないかチェックしてみましょう。

ストレスチェック学生版です。

ストレスが「頭の働き」に影響していないかチェックしてみましょう。

自分の状態について知ることは、ストレスケアの第一歩です。


 <ストレス解消・リラクセーション>


自分なりのリラックス法を見つけておきましょう。


リラクセーション

ギュッと力を入れてから、フッと力を抜くことで、リラックスする方法もあります。


気分を変える方法にはいろいろなものがあります。


気分転換をする

写真から選ぶ









ライフスタイルを変える


休息をとる


サポートを受ける


本格的にケア&キュアする

みんなのストレスケア

私はこんなやり方をしています


みなさん、いろいろな工夫をされています。

仮想旅行をする人、畑仕事をする人、ダラダラする人、踊る人、闘う人・・・

みんなのストレスケア評価




1位 ライブへ行って熱狂する
2位 旅行をする
3位 親しい人と食事する




1位 伸びをしながら深呼吸する
2位 目の前の空気を殴ってみる
3位 コーヒー・紅茶・お茶を飲む



 <情報コーナー> (メンタルヘルス対応も)

PTSDは、「障害」か「けが」か? 新しい発想の言葉「OSI」も出てきています。
ストレスを乗り越えて「成長」する「PTG」とは? トラウマは成長につながるか?
ストレスの「バスタブ・モデル」って何? お風呂にストレスケアのヒントが…


部下の不調に気づいたときに、管理職はどう対応したらいい? エスコートという考え方。
家族・友人の不調に気づいたときに、どうしたらいい? エスコートという考え方がポイントです。
セルフケア教育のカギを握る「セルフ・スティグマ」とは?

   
AI、自動運転が間近になってきています。AI時代のストレスマネジメントについて考えます。
「ストレス」と「生産性」の関係は? 欧州24か国のデータから探ってみます。
心身不調時の欠勤コスト(アブセンティーイズム)と出勤コスト(プレゼンティーイズム)


 <職場のパワハラ(パワーハラスメント)防止> 

           
パワハラって何? 6類型とは? 置き換えテストとは? よくある誤解は? 簡単に解説します。
ハラスメント」という言葉は、もともと軍事用語でした。けっこう重大なニュアンスを含んでいます。
意外にも、戦争に行かない兵士の自殺が増加。なぜ?「リーダーシップ」との関係は…


 <震災ストレス関連情報>

避難生活をされている方は「リロケーション・ストレス」にもお気をつけ下さい。
良い支援をするには、支援者のストレス・マネジメントも大切です。
311震災時のストレス・お悩みを再掲載いたしました。


 <みなさんのチェック結果からわかったこと>



 おかげさまで、ストレスチェックは延べ360万人の方にご利用いただきました。このうち、PC版のチェックをしていただいた170万人分のデータを分析いたしました。
この日は、ストレスが高い!

季節との関係はある?

「曜日」「時間帯」との関係はある?

気候や天気との関係はある?

プロフィールによる違いはある?

大震災との関係はあった?

経済指標との関係はある?



 <ラーニング&レポート>







 <ストレス・お悩み 相談&応援コーナー>



  過去のご相談の中から、ピックアップ(週替わり)




トップページ  会社情報  掲載メディア  ご利用規約  プライバシー  ストレスチェック  ストレスお悩み相談 
<著作・制作 株式会社メンティグループ> Copyright © Contents: Mentee Group Inc. Photos: iStock, shutterstock etc.