ストレスケア・コム トップページへ
ストレス・コメントストレス・お悩み相談&応援ストレスチェックエゴグラム性格チェックワーク・ライフ・バランス・チェック心の多様性チェックストレスとは何か。
shutterstock
 
組織を強くする 職場のストレスマネジメント
著:(雑誌掲載記事)


<連載 第3回>
ストレスで起こるトンネル・ビジョンを防ぐ


「トンネル・ビジョン」とは?
トンネル・ビジョンが起こした事故
「視野のリフレッシュ」をする
リラックスはズームアウト機能


「トンネル・ビジョン」とは?

 職場のストレス対策の目的の一つは、ストレスで起こる「トンネル・ビジョン」を防ぐことです。

 トンネル・ビジョンとは、視野がトンネル化して、中心部分しか見えなくなってしまう現象です。認知の範囲が狭くなり、あたかもトンネルの中から外をのぞいているような認知状態になることから、「トンネル・ビジョン」と呼ばれています。

 例えば、受注や納期のことなど多くのストレスを抱えているときには、自分の仕事のことしか考えられなくなって、同僚のことも、会社のルールも見えなくなってしまうことがあります。また、作業現場では目の前の作業に意識が集中しすぎて、危険を示す周辺情報を見落としてしまうこともあります。

 この現象は、脳の処理容量と関係していると考えられています。
 不安や不満などのストレスが増えると、ストレスの処理のために脳の容量が使われ、残された容量が減少します。そのため、脳は情報処理を軽くしようとして周辺情報の取り込みを制限してしまうのです。



トンネル・ビジョンが起こした事故

 トンネル・ビジョンは、トラブルや不測の事態が発生して、強いストレス状態に置かれたときに起こりやすく、大事故へとつながったケースもあります。

 1972年12月の深夜、アメリカの航空機が着陸態勢に入ったとき、コックピット内の前輪の降下を示す計器盤のライトが点灯しませんでした。

 機長は、着陸を断念して旋回し、自動操縦に切り替えました。

 クルーが電球をはずして調べ、はめ直してみましたが、ライトは点灯しません。機関士が前輪の状態を目視しようとしましたが、暗くて見えませんでした。

 その間に、何かの拍子で自動操縦が解除され、飛行機の高度は下がっていました。

 機長が高度の低下に気付いたときにはすでに遅く、飛行機は空港付近の沼に墜落し、100名以上が死亡する大惨事となってしまいました。

 トラブル発生で、クルーたちの視野は計器盤の小さなライトに集中していました。視野がトンネル化し、ほかの計器に目を配ることができなくなっていたのです。

 この事故以降、ストレス下での対応法が、パイロットの訓練に取り入れられるようになりました。

 航空機のパイロットに限らず、車両や機械などの運転者は、トラブル発生時の視野のトンネル化に気を付ける必要があります。

 医療現場でも、トンネル・ビジョンの防止は重要とされています。手術中にトラブルが起こり、執刀医がストレス状態に陥ってしまうと、トラブル部分に気を取られ、他の臓器の変化を見落とすことがあるためです。

 私は、日本の心臓外科の名医と言われる方に、手術中に不測の事態が起こった場合にどのように対処されているのか、話を伺ったことがあります。その先生は、すぐに対処せず、少し立ち止まって頭をクールダウンさせて考えるとのことでした。しばらく目を閉じることもあるそうです。

 名医のようにはいきませんが、自分なりのクールダウン法を身につけるために、仕事の合間に深呼吸を入れてみたり、安全に問題がない場合は少し目を閉じたりして、冷静さを保つ方法を見つけておくと良いでしょう。



「視野のリフレッシュ」をする

 トンネル・ビジョンは、トラブル時だけではなく、日々の仕事の判断力にも影響します。

 何らかの判断を下すときに、目の前の一部分しか見ていなければ、良い判断を下すことは難しくなります。

 例えば、みなさんが物事を判断する際には、細部の完成度を判断するとともに、全体や周辺環境まで見渡すことによって、より確かな判断を下されているはずです。

 視野のトンネル化を防ぎ、判断力を保つには、「視野のリフレッシュ」が有効です。

 特別なことは必要なく、いつもと「違うこと」をしたり、いつもと「違う場所」に行ったりすれば、視野はリフレッシュされます。レジャーや趣味、散歩やドライブなど、簡単にできることで十分です。

 視野がリフレッシュされ、新たな視点で物事を見ることができれば、思わぬ解決法やアイデアが見つかることもあるでしょう。視界が広がって判断力も高まってくるはずです。

 ストレスは、「心の問題」というイメージがありますが、ストレスのメカニズムを知れば、判断力を含めた「仕事の能力」を高めることも可能です。


リラックスはズームアウト機能

 ストレスは、カメラのズーム機能のような働きをします。

 ストレスがかかると、ズームイン機能が働き、視野はトンネル化します。その反対に、リラックスした気分になると、視野は広がり、全体像を見渡せるようになります。

ストレス  → ズームイン機能
リラックス → ズームアウト機能

 このメカニズムを仕事に応用してみると良いでしょう。

 集中的な作業が必要なときには、多少ストレスがあったほうが、視野が狭くなって、仕事がはかどることがあります。

 一方、判断を要する仕事のときには、リラックスして考えたほうが、広範な視野で考えることができて、より良い判断ができます。

 また、アイデアが必要なときにも、リラックスして視界を広げておいたほうが、良いアイデアが浮かんで来やすいはずです。

東京建設業協会発行 『Terra』 2013年2月号掲載
 <pdf版はこちら>
*pdf版は若干内容が異なることがあります。


[ 職場のストレスマネジメント ]

目次








 



 【中高生版】 悩んでいるとき… 

嫌なことを思い出さないようにすることはできる? 中高生版ストレス講座(1)
世界の多くの中高生が「死にたい」という思いに苦しんでいます。
親や先生に口で言えないときは、手紙を書いてみましょう。
世界で数百万回見られている動画。中高生時代のいじめ、自殺未遂が語られています。
自傷行為で悩んでいる人のための情報です。置き換え法も考えてみて。
小中高生のための24時間 電話相談先です。相談の仕方についの情報も。

 <コメント投稿コーナー>


ストレス関連テーマへのコメント・コーナーです。
PICKUP
みんなのストレス解消法

(約700件)


「ありがとう」とおおきく書いた紙を張って、一日一回心の中で唱える。 …
20代 女性

  <最近のコメント・テーマ>



 <8つのチェックテスト>


ストレスがたまっていないかチェックしてみましょう。

ストレスチェック学生版です。

ストレスが「頭の働き」に影響していないかチェックしてみましょう。

自分の状態について知ることは、ストレスケアの第一歩です。


 <ストレス解消・リラクセーション>


自分なりのリラックス法を見つけておきましょう。


リラクセーション

ギュッと力を入れてから、フッと力を抜くことで、リラックスする方法もあります。


気分を変える方法にはいろいろなものがあります。


気分転換をする

写真から選ぶ









ライフスタイルを変える


休息をとる


サポートを受ける


本格的にケア&キュアする

みんなのストレスケア

私はこんなやり方をしています


みなさん、いろいろな工夫をされています。

仮想旅行をする人、畑仕事をする人、ダラダラする人、踊る人、闘う人・・・

みんなのストレスケア評価




1位 ライブへ行って熱狂する
2位 旅行をする
3位 親しい人と食事する




1位 伸びをしながら深呼吸する
2位 目の前の空気を殴ってみる
3位 コーヒー・紅茶・お茶を飲む



 <情報コーナー> (メンタルヘルス対応も)

PTSDは、「障害」か「けが」か? 新しい発想の言葉「OSI」も出てきています。
ストレスを乗り越えて「成長」する「PTG」とは? トラウマは成長につながるか?
ストレスの「バスタブ・モデル」って何? お風呂にストレスケアのヒントが…


部下の不調に気づいたときに、管理職はどう対応したらいい? エスコートという考え方。
家族・友人の不調に気づいたときに、どうしたらいい? エスコートという考え方がポイントです。
セルフケア教育のカギを握る「セルフ・スティグマ」とは?

   
AI、自動運転が間近になってきています。AI時代のストレスマネジメントについて考えます。
「ストレス」と「生産性」の関係は? 欧州24か国のデータから探ってみます。
心身不調時の欠勤コスト(アブセンティーイズム)と出勤コスト(プレゼンティーイズム)


 <職場のパワハラ(パワーハラスメント)防止> 

           
パワハラって何? 6類型とは? 置き換えテストとは? よくある誤解は? 簡単に解説します。
ハラスメント」という言葉は、もともと軍事用語でした。けっこう重大なニュアンスを含んでいます。
意外にも、戦争に行かない兵士の自殺が増加。なぜ?「リーダーシップ」との関係は…


 <震災ストレス関連情報>

避難生活をされている方は「リロケーション・ストレス」にもお気をつけ下さい。
良い支援をするには、支援者のストレス・マネジメントも大切です。
311震災時のストレス・お悩みを再掲載いたしました。


 <みなさんのチェック結果からわかったこと>



 おかげさまで、ストレスチェックは延べ360万人の方にご利用いただきました。このうち、PC版のチェックをしていただいた170万人分のデータを分析いたしました。
この日は、ストレスが高い!

季節との関係はある?

「曜日」「時間帯」との関係はある?

気候や天気との関係はある?

プロフィールによる違いはある?

大震災との関係はあった?

経済指標との関係はある?



 <ラーニング&レポート>







 <ストレス・お悩み 相談&応援コーナー>



  過去のご相談の中から、ピックアップ(週替わり)




トップページ  会社情報  掲載メディア  ご利用規約  プライバシー  ストレスチェック  ストレスお悩み相談 
<著作・制作 株式会社メンティグループ> Copyright © Contents: Mentee Group Inc. Photos: iStock, shutterstock etc.