ストレスケア・コム トップページへ
ストレス・お悩み相談&応援ストレスチェックエゴグラム性格チェックワーク・ライフ・バランス・チェック心の多様性チェックストレスとは何か。
shutterstock
 
組織を強くする 職場のストレスマネジメント
著:(雑誌掲載記事)


<連載 第12回>
ミスを防ぐより、ミスのダメージを防ぐ


ミスをしたときのダメージ・コントロール
人間にはダメージ・コントロール機能がある
あきらめるか? もう一度戦うか?
スペースシャトルにペンチの置き忘れ!


ミスをしたときのダメージ・コントロール

 今回はミスをしたときのダメージ・コントロールについて考えてみたいと思います。

 世の中には、ミスをして許される職場はありません。どんな仕事でも、可能な限りミスを防いでいく必要があります。では、なぜミスをしてはいけないのでしょうか?

 あまりにも初歩的な問いかけですが、ここに大切なヒントが隠されています。

 ミスをしてはいけないのは、ミスをすることによって、何らかの「ダメージ」が発生するからです。もし何のダメージも発生しないのであれば、ミスをしても問題になることはありません。

 たとえば、パソコンで文章を打つときに、一度もキーを打ち間違えずに文章を完成させられる人はまずいません。でも、そういったタイプミスが問題とされないのは、文章を提出する前に修正しているからです。修正が漏れてダメージが残ったままだと、問題になることもあります。

 本当に防がなければならないのは、「ミス」そのものではなく、「ミスによるダメージ」です。その点を忘れてしまうと本末転倒のことが起こります。

 ミスをしたときに、叱られるのが怖くて、正直に言えなくなることがありますが、ミスを隠すと、「ミスをしたことによるダメージ」よりも、「ミスを隠したことによるダメージ」のほうがはるかに大きくなってしまいます。ミスを修正しないまま仕事が進行していくと、「重大な結果」を招きやすいものです。

 ミスをすると、頭が真っ白になったり、落ち込んだりしますが、そういうストレス状態を減らすには、気持ちを切り換えて、ダメージを最小化する方法を考えていくことです。ミスをしたことについては謝らなければいけませんが、ダメージを最小化できれば、最悪の事態は回避できます。それが、より大きなストレスの発生を防ぐことになります。



人間にはダメージ・コントロール機能がある

 残念ながら人間はミスをするようにできています。

 一例を挙げると、人間の体は細胞分裂の過程で1日に数千個のDNAのコピーミスをしているそうです。24時間は1440分ですから、平均すれば1分間に1回以上は体内でミスが起こっていることになります。

 しかし、幸いなことに「修復機能」が備わっていて、1000分の999くらいはミスが修復されて、ダメージが最小化されるようになっているようです。

 その仕組みが「DNA修復」と呼ばれるもので、解明した研究者たちに2015年にノーベル化学賞が授与されています。もしDNA修復がなければ、私たちの細胞はがん化や老化が進んで、長く生きられないそうです。

 私たちが健康な生命を保つことができるのは、DNA修復という、ミスの発生を前提にしたダメージ・コントロール機能が備わっているからです。ダメージ・コントロール機能が生存を支えてくれているとも言えます。

 仕事においても、私たちは毎日多くのミスをしています。聞き漏らした、見落とした、言い過ぎた、タイプミスをしたなど、小さなミスを含めると大量のミスをしています。しかし、ミスをしてもダメージを修復しておけば、大きな問題にはつながりません。仕事の面でも、やはりダメージ・コントロールは重要なカギを握っています。



あきらめるか? もう一度戦うか?

 ダメージ・コントロールについては、後ろ向きのイメージを持つ人もいますが、ダメージ・コントロールの目的は明確です。

 ここではアメリカ海軍のダメージ・コントロールの目的をご紹介します。アメリカ海軍のダメージ・コントロールの目的は「後日、もう一度戦うため」とされています。

 艦船が被弾して沈没して、そこで戦いをあきらめるのなら何もする必要はありません。しかし、さらに戦う気があるのなら、沈んだ船を引き揚げ、修理して復活させる必要があります。「絶対にあきらめない」という思想がダメージ・コントロールの思想です。

 仕事でミスをしてダメージが生じても、「絶対にあきらめない。もう一度戦う」という気持ちがあるのであれば、ダメージ・コントロールをする必要があります。ダメージさえ回復させれば、もう一度挑戦できます。そういう意味で、ダメージ・コントロールというのは、極めて前向きなものです。

 一度や二度のミスでくじけずに、ダメージを最小化する。もし重大なミスをしてしまったとしても、絶対にあきらめずに、ダメージを減らすことを考える。そうすれば、もう一度戦うチャンスが生まれます。


スペースシャトルにペンチの置き忘れ!

 1993年4月に打ち上げられたスペースシャトルは、極めて危険な状況だったことが、打ち上げ後にわかりました。切り離されて落下した補助ロケットを回収したところ、その中にペンチの置き忘れが発見されたのです。危うく大事故につながるところでした。

 調査してみると、打ち上げ6日前に製造業者の担当者はペンチがなくなっていることに気づき、上司に報告しましたが、上司は調査をせず、NASAに報告もしていなかったことが判明しました。

 道具の置き忘れ自体は、誰でもしてしまうことです。ただ、そのまま放置してしまうと、大きな事故につながることがあります。

 ミスそのものを完全になくすことはできません。しかし、大きなダメージにつながらないように、早い段階でダメージを最小化していくことは可能です。

 重大な事故を防ぐためにも、小さなミスの段階でダメージ・コントロールをしておくことが大切です。

東京建設業協会発行 『Terra』 2016年2月号掲載
 <pdf版はこちら>
*pdf版は若干内容が異なることがあります。


[ 職場のストレスマネジメント ]

目次








 

チェックテスト


ストレスがたまっていないかチェックしてみましょう。

ストレスチェック学生版です。

ストレスが「頭の働き」に影響していないかチェックしてみましょう。

自分の状態について知ることは、ストレスケアの第一歩です。


PTSDは、「障害」か「けが」か? 新しい発想の言葉「OSI」も出てきています。
ストレスを乗り越えて「成長」する「PTG」とは? トラウマは成長につながるか?
ストレスの「バスタブ・モデル」って何? お風呂にストレスケアのヒントが…


部下の不調に気づいたときに、管理職はどう対応したらいい? エスコートという考え方。
家族・友人の不調に気づいたときに、どうしたらいい? エスコートという考え方がポイントです。
セルフケア教育のカギを握る「セルフ・スティグマ」とは?

   
AI、自動運転が間近になってきています。AI時代のストレスマネジメントについて考えます。
「ストレス」と「生産性」の関係は? 欧州24か国のデータから探ってみます。
心身不調時の欠勤コスト(アブセンティーイズム)と出勤コスト(プレゼンティーイズム)


職場のパワハラ(パワーハラスメント)防止 

           
パワハラって何? 6類型とは? 置き換えテストとは? よくある誤解は? 簡単に解説します。
ハラスメント」という言葉は、もともと軍事用語でした。けっこう重大なニュアンスを含んでいます。


震災ストレス関連情報

避難生活をされている方は「リロケーション・ストレス」にもお気をつけ下さい。
良い支援をするには、支援者のストレス・マネジメントも大切です。
311震災時のストレス・お悩みを再掲載いたしました。


みなさんのチェック結果からわかったこと



 おかげさまで、ストレスチェックは延べ360万人の方にご利用いただきました。このうち、PC版のチェックをしていただいた170万人分のデータを分析いたしました。
この日は、ストレスが高い!

季節との関係はある?

「曜日」「時間帯」との関係はある?

気候や天気との関係はある?

プロフィールによる違いはある?

大震災との関係はあった?

経済指標との関係はある?




ラーニング&レポート







相談&応援



  過去のご相談の中から、ピックアップ(週替わり)




トップページ  会社情報  掲載メディア  ご利用規約  プライバシー  ストレスチェック  ストレスお悩み相談 
<著作・制作 株式会社メンティグループ> Copyright © Contents: Mentee Group Inc. Photos: iStock, shutterstock etc.