ストレスケア・コム トップページへ
ストレス・コメントストレス・お悩み相談&応援ストレスチェックエゴグラム性格チェックワーク・ライフ・バランス・チェック心の多様性チェックストレスとは何か。
shutterstock
 
組織を強くする 職場のストレスマネジメント
著:(雑誌掲載記事)


<連載 第8回>
宇宙心理学に学ぶプロジェクト管理


心理要因でミッションが止まる
採用時にストレスのことを聞く
プロジェクト後半は感情配慮に変える
小さな子を買い物に連れていくには?


心理要因でミッションが止まる

 最近は、アニメ『宇宙兄弟』などの人気もあり、宇宙への関心が高まっています。宇宙分野には「宇宙心理学」というものがあり、ストレス面を含めた様々な研究が行われています。ビジネスに使えそうな知見もありますので、今回はそれを見ていきます。

 1960年代頃の初期の宇宙開発においては、技術面の開発が中心で、心理面にはほとんど関心が向けられていませんでした。

 ところが、70年代頃からいくつもの予期せぬ事態が発生し始めました。

 アメリカでは、NASAの宇宙飛行士が、過密なスケジュールに腹を立て、宇宙ステーション内で丸一日ストライキをするという出来事がありました。地上管制官の指示をまったく聞かず、ミッションは完全にストップしました。

 ソ連では、宇宙ステーションの飛行士が突然「どうしても地球に帰りたい」という気持ちになり、予定ミッションを短縮して戻ってくるという出来事がありました。

 米ソともテクノロジーは世界最先端を競っていましたが、「有人ミッションである」ということがあまり意識されておらず、人的側面(ヒューマン・ファクター)がおろそかにされていたのです。
 いくつかの出来事を経て、「心理面を軽視すると、ミッションは成功しない」という認識が広がり始めました。

 80年代に入ると、アメリカでは「スペースシャトル」の開発に力が入れられたため、1週間程度の短期のミッションが増え、心理的問題はあまり出て来なくなりました。

 一方、宇宙ステーション「ミール」に力を入れたソ連は、長期滞在が増えたためか、いくつもの心理的トラブルが発生しました。それに対処するために、ソ連では宇宙心理が真剣に研究されるようになりました。

 こうした経緯から、宇宙心理学はソ連の研究が発祥とされ、NASAは10年ほど遅れをとったと言われています。

 90年代に「ミール」に「スペースシャトル」がドッキングし、アメリカの飛行士の滞在期間は長期化しました。それ以降、アメリカも宇宙心理学の研究に力を入れ、ソ連(ロシア)とともに研究が盛んになりました。



採用時にストレスのことを聞く

 宇宙ミッションで一番求められているのは、「ストレス環境の中で仕事ができる能力」と「感情の安定性」とされます。

 宇宙飛行士の選抜の詳細は非公開とされていますが、いくつか漏れてきているものによれば、採用段階で心理担当者がストレスについての質問を加えて、選抜の参考にしているようです。

 この手法は企業においても参考になるはずです。
 たとえば、採用面接の場で「今までで一番ストレスを感じたときのことを教えて下さい。そのときに、あなたはどう対応しましたか?」といった質問をするのです。

 その答えを聞けば、ストレス対応能力についてのある程度の推測が付きます。捉え方を変えてみた、対処法を持っている、という人は、一定の対応力があると見ていいでしょう。

 ストレス耐性を試そうとして圧迫面接のようなリスクのあることをしなくても、直接的に「ストレスについてどう考えているか」を聞けば判断材料を得られるはずです。



プロジェクト後半は感情配慮に変える

 プロジェクト管理においても、宇宙からの知見で役に立つものがあります。

 宇宙では短期ミッションでは心理的問題はそれほど発生せず、長期ミッションになると心理的問題が発生しやすくなることから、ミッションの前半では「目的中心」のリーダーシップ、ミッションの後半からは「感情配慮」のリーダーシップに変更することが良いと考えられています。プロジェクトの後半に入ったら心理面をより重視したマネジメントに変更するということです。

 これは企業の新人研修などでも重要な点です。

 現実問題として、研修の後半になると、うつ病になる人が出たり、不祥事が起こったりと、様々な問題が発生しています。

 数か月の集中的な新人研修の場合には、前半はスキルや知識を覚えさせるための厳しい指導をしたとしても、後半は、より心理面に配慮した指導に変えていかないと、トラブル発生の可能性が高まります。プロジェクトの前後半でマネジメントを意図的に変化させるというのが宇宙心理学から学べる重要な知見です。

 宇宙心理学は、必ずしも画期的な発見を期待できる分野ではありません。しかし、地上では「当たり前」になっていて忘れられている条件に気づかせてくれる大きなメリットを持っています。

 私たちが一番忘れがちなことは、仕事はみな「有人ミッション」であるということ。心理面や疲労などの人的要素を軽視すると、ミッションやプロジェクトは計画通りに進まなくなることがあります。


小さな子を買い物に連れていくには?

 プロジェクトの前後半でマネジメントを変えるためには、小さな子をショッピングモールに連れていくことをイメージすると良いとされています。

 子供をショッピングに連れていった場合、最初のうちは子供は大人に付いていきます。

 しかし、買い物時間が長くなってくると、だんだん子供はぐずりだします。このときに、「まだ、これも買っていない。あれも買っていない」と考えて、「目的志向」で動こうとすると、子供は言うことを聞かなくなります。

 ショッピングの後半に入ったら、子供の気持ちにより配慮した「感情志向」の対応に変えたほうが、子供がだだをこねるといったことが減って、結果的に余計な労力や時間をとられずにすむはずです。

 プロジェクト管理や教育研修もそれと似ていて、後半の段階では、感情面への配慮を少しずつ高めていかないと、思わぬトラブルや遅れにつながってしまう可能性があります。

東京建設業協会発行 『Terra』 2014年11月号掲載
 <pdf版はこちら>
*pdf版は若干内容が異なることがあります。


[ 職場のストレスマネジメント ]

目次








 

 <コメント投稿コーナー>(2017-03-31スタート)


ストレス関連テーマへのコメント・コーナーです。
PICKUP
みんなのストレス解消法

(約700件)


泣くことです。ダラダラ泣かずにとにかく一気に泣く。 …
30代 女性

  <最近のコメント・テーマ>



 <8つのチェックテスト>


ストレスがたまっていないかチェックしてみましょう。

ストレスチェック学生版です。

ストレスが「頭の働き」に影響していないかチェックしてみましょう。

自分の状態について知ることは、ストレスケアの第一歩です。


 <ストレス解消・リラクセーション>


自分なりのリラックス法を見つけておきましょう。


リラクセーション

ギュッと力を入れてから、フッと力を抜くことで、リラックスする方法もあります。


気分を変える方法にはいろいろなものがあります。


気分転換をする

写真から選ぶ









ライフスタイルを変える


休息をとる


サポートを受ける


本格的にケア&キュアする

みんなのストレスケア

私はこんなやり方をしています


みなさん、いろいろな工夫をされています。

仮想旅行をする人、畑仕事をする人、ダラダラする人、踊る人、闘う人・・・

みんなのストレスケア評価




1位 ライブへ行って熱狂する
2位 旅行をする
3位 親しい人と食事する




1位 伸びをしながら深呼吸する
2位 目の前の空気を殴ってみる
3位 コーヒー・紅茶・お茶を飲む



 <情報コーナー> (メンタルヘルス対応も)

PTSDは、「障害」か「けが」か? 新しい発想の言葉「OSI」も出てきています。
ストレスを乗り越えて「成長」する「PTG」とは? トラウマは成長につながるか?
ストレスの「バスタブ・モデル」って何? お風呂にストレスケアのヒントが…


部下の不調に気づいたときに、管理職はどう対応したらいい? エスコートという考え方。
家族・友人の不調に気づいたときに、どうしたらいい? エスコートという考え方がポイントです。
セルフケア教育のカギを握る「セルフ・スティグマ」とは?

   
AI、自動運転が間近になってきています。AI時代のストレスマネジメントについて考えます。
「ストレス」と「生産性」の関係は? 欧州24か国のデータから探ってみます。
心身不調時の欠勤コスト(アブセンティーイズム)と出勤コスト(プレゼンティーイズム)


 <職場のパワハラ(パワーハラスメント)防止> 

           
パワハラって何? 6類型とは? 置き換えテストとは? よくある誤解は? 簡単に解説します。
ハラスメント」という言葉は、もともと軍事用語でした。けっこう重大なニュアンスを含んでいます。
意外にも、戦争に行かない兵士の自殺が増加。なぜ?「リーダーシップ」との関係は…


 <震災ストレス関連情報>

避難生活をされている方は「リロケーション・ストレス」にもお気をつけ下さい。
良い支援をするには、支援者のストレス・マネジメントも大切です。
311震災時のストレス・お悩みを再掲載いたしました。


 <みなさんのチェック結果からわかったこと>



 おかげさまで、ストレスチェックは延べ360万人の方にご利用いただきました。このうち、PC版のチェックをしていただいた170万人分のデータを分析いたしました。
この日は、ストレスが高い!

季節との関係はある?

「曜日」「時間帯」との関係はある?

気候や天気との関係はある?

プロフィールによる違いはある?

大震災との関係はあった?

経済指標との関係はある?



 <ラーニング&レポート>







 <ストレス・お悩み 相談&応援コーナー>



  過去のご相談の中から、ピックアップ(週替わり)




トップページ  会社情報  掲載メディア  ご利用規約  プライバシー  ストレスチェック  ストレスお悩み相談 
<著作・制作 株式会社メンティグループ> Copyright © Contents: Mentee Group Inc. Photos: iStock, shutterstock etc.