ストレスケア・コム トップページへ
ストレス・お悩み相談&応援ストレスチェックエゴグラム性格チェックワーク・ライフ・バランス・チェック心の多様性チェックストレスとは何か。
shutterstock
 
職場のメンタルヘルス
著:
『プラントエンジニア』誌 2010年12月号掲載


<連載 第9回>
「声かけ」と「情報共有」で人間関係を強化する


コミュニケーションの「量」が人間関係を向上させる
短い「声かけ」で、人間関係の基盤を作る
「情報の共有」で、人間関係を強化する
孤立化のリスクを避けることも大切


コミュニケーションの「量」が人間関係を向上させる

 今回は、マネジメント・スタンダード6項目のうち、残りの項目「リレーションシップ」について見ていきます。

 「リレーションシップ」とは、良好な人間関係づくりのことです。

 人間関係づくりの重要性については、よくご存じの方が多いと思いますが、ここでは、メンタルヘルス面から見たポイントを3つ挙げておきたいと思います。

 1つは、コミュニケーションの「量」です。

 メンタルヘルス不調になった人の中には、「仕事が忙しくて、職場で誰かと話をしている余裕すらなかった」という人がけっこういます。「上司に相談しようと思ったけれど、忙しそうだから、個人的なことを持ちかけるのは気が引けた」という人もいます。上司のほうも「忙しく働いてもらっている部下たちに、何度も話しかけるのは申し訳ない」と、気を遣ってしまうことがあるようです。

 上司と部下が普段からよく会話をしていれば、上司は部下の不調に気づきやすくなり、部下も上司に相談しやすくなります。
 反対に、普段の会話が少ないと、不調が見逃されたり、不調を悪化させてしまったりする可能性が高くなります。

 不調を予防するための良好な人間関係を築くには、コミュニケーションの「質」と「量」が決め手となりますが、現在の職場の状況は、コミュニケーションの「質」を問う以前に、「量」が減ってしまっているケースが数多く見受けられます。



短い「声かけ」で、人間関係の基盤を作る

 忙しくて時間が足りない中で、簡単にできるコミュニケーションとして、「声かけ」があります。海外では「クイック・インフォーマル・チャット」と呼ばれることもあります。

 「クイック」という言葉からわかるように、短い会話です。会話の内容は、仕事とは関係のない「インフォーマル(非公式、私的)」なことのほうが、効果的とされています。仕事以外の雑談的な会話をときどき行うことが、人間関係を築くうえでは重要なのです。

 毎日の「おはよう」「お疲れ様」などのあいさつのときを利用して、たまには「今日は暑いね」とか「昨日のサッカー見た?」といった身近な話題を付け加えていくと、比較的スムーズに短い会話を行うことができます。

 声をかけるときには、「○○さん」「○○くん」と、名前を添えると、いっそう効果的です。名前を添えることで、その人の存在感を認めてあげることにもつながります。

 声かけや短い会話は、数秒〜1分程度ですむものですから、忙しくても、できないことはないはずです。管理職の方は、「すべての部下に1日1回は話しかけよう」と心がけておくと、コミュニケーションの「量」が増え、リレーションシップを良好に保つ基盤となります。



「情報の共有」で、人間関係を強化する

 2つめのポイントは、「情報の共有」です。

 仕事をするうえでは、十分な業務情報を持っていないと、仕事が行き詰まって、ストレスが生じることがあります。上司が部下に対して、必要な情報をきちんと伝えることが、仕事を円滑に進め、情報不足によるストレスを軽減させることにつながります。
 また、部下が持っている現場の情報を丁寧に聞いてあげれば、部下は「自分の話を聞いてもらえた」と感じてくれます。

 このようにして、情報共有を心がけていくと、人間関係が少しずつ強化されていきます。

 一般的に、「秘密」を共有している間柄は、かなり密接な人間関係と考えられています。業務や個人的なことに関して、「二人しか知らない情報」の共有にまで至れば、人間関係のつながりはいっそう強くなっているはずです。



孤立化のリスクを避けることも大切

 3つめのポイントは、孤立を防ぐことです。

 人間関係のストレスは、関係が密接過ぎて生じる場合もありますが、その反対に、関係が乏しいために、生じる場合もあります。

 職場内で孤立することは、精神的に最もつらい状況の一つです。寂しい気持ちや不安感が高まり、心の不調が起こりやすくなります。

 また、一人だけ情報を伝えてもらえなかったり、誰からも口を聞いてもらえなかったりすると、次第に仕事の成果が下がっていき、周囲からの視線がますます厳しくなるという悪循環も生まれます。

 メンタルヘルスの観点から言いますと、「孤立」は一番リスクの高い状況ですから、管理職の方は、職場で孤立している部下がいないかどうかを、きちんと確認し、対処していくことが必要です。

 なお、工場内においても、オフィス内においても、外出先においても、一人で行う業務が多いと、他の人と話をする機会が減って、孤立化が進む可能性があります。
 欧米では、「ワーキング・アローン(working alone)」の状態と呼ばれ、安全衛生上、管理者は特に気をつけなければいけないこととされています。一人だけで業務を担当していると、調子が悪いときに、他の人に頼ることができず、不調を悪化させてしまうこともあります。

 部下に単独での業務を行ってもらうときには、定期的に状況を確認し、常にフォローをしていくことが必要です。

 また、普段から、たくさん声をかけ、情報共有を心がけていくことも、孤立化を防ぐ有効な手法となります。



<追記 2015年> チームのシンクロのためにも

 「情報の共有」は、チームメンバーの動きをシンクロさせる効果もあります。動きがシンクロすると、コーディネーションが良くなって、チーム・パフォーマンスが高まります。

<関連記事 雑誌『Terra』掲載>

みんなの「予測」が揃うとチームのストレスが減る

『プラントエンジニア』誌 2010年12月号掲載
 <スキャンpdf版はこちら>
*若干内容が異なることがあります。


[ 職場のメンタルヘルス ]

目次








 

チェックテスト


ストレスがたまっていないかチェックしてみましょう。

ストレスチェック学生版です。

ストレスが「頭の働き」に影響していないかチェックしてみましょう。

自分の状態について知ることは、ストレスケアの第一歩です。


PTSDは、「障害」か「けが」か? 新しい発想の言葉「OSI」も出てきています。
ストレスを乗り越えて「成長」する「PTG」とは? トラウマは成長につながるか?
ストレスの「バスタブ・モデル」って何? お風呂にストレスケアのヒントが…


部下の不調に気づいたときに、管理職はどう対応したらいい? エスコートという考え方。
家族・友人の不調に気づいたときに、どうしたらいい? エスコートという考え方がポイントです。
セルフケア教育のカギを握る「セルフ・スティグマ」とは?

   
AI、自動運転が間近になってきています。AI時代のストレスマネジメントについて考えます。
「ストレス」と「生産性」の関係は? 欧州24か国のデータから探ってみます。
心身不調時の欠勤コスト(アブセンティーイズム)と出勤コスト(プレゼンティーイズム)


職場のパワハラ(パワーハラスメント)防止 

           
パワハラって何? 6類型とは? 置き換えテストとは? よくある誤解は? 簡単に解説します。
ハラスメント」という言葉は、もともと軍事用語でした。けっこう重大なニュアンスを含んでいます。
意外にも、戦争に行かない兵士の自殺が増加。なぜ?「リーダーシップ」との関係は…


震災ストレス関連情報

避難生活をされている方は「リロケーション・ストレス」にもお気をつけ下さい。
良い支援をするには、支援者のストレス・マネジメントも大切です。
311震災時のストレス・お悩みを再掲載いたしました。


みなさんのチェック結果からわかったこと



 おかげさまで、ストレスチェックは延べ360万人の方にご利用いただきました。このうち、PC版のチェックをしていただいた170万人分のデータを分析いたしました。
この日は、ストレスが高い!

季節との関係はある?

「曜日」「時間帯」との関係はある?

気候や天気との関係はある?

プロフィールによる違いはある?

大震災との関係はあった?

経済指標との関係はある?




ラーニング&レポート







相談&応援



  過去のご相談の中から、ピックアップ(週替わり)




トップページ  会社情報  掲載メディア  ご利用規約  プライバシー  ストレスチェック  ストレスお悩み相談 
<著作・制作 株式会社メンティグループ> Copyright © Contents: Mentee Group Inc. Photos: iStock, shutterstock etc.