ストレスケア・コム トップページへ
ストレス・コメントストレス・お悩み相談&応援ストレスチェックエゴグラム性格チェックワーク・ライフ・バランス・チェック心の多様性チェックストレスとは何か。
shutterstock
 
職場のメンタルヘルス
著:
『プラントエンジニア』誌 2010年5月号掲載


<連載 第2回>
品質、顧客、情報管理の面から メンタルヘルス対策を考える


メンタルヘルスの日常業務への影響は?
生産・製造部門――品質・遅延・事故
研究・開発部門――知的生産性
営業・販売部門――顧客サービス
情報管理部門――秘密保持


メンタルヘルスの日常業務への影響は?

 近年、職場のメンタルヘルス対策がいっそう重視されるようになってきました。その背景として、「うつ病などメンタルヘルス疾患の増加」、「過労うつなどによる労災認定・訴訟の増加」がよく挙げられます。こうした医療的・法律的背景をよく理解しておくことはもちろん重要です。

 しかし、管理職の方の中には、「日常業務だけで手一杯で、起こるかどうかわからない病気や訴訟のことにまで、気を配っている余裕がない」という方もいます。

 そこで、今回は、管理職の方にとって身近な「日常業務」への影響に焦点を当てて考えてみたいと思います。


<生産・製造部門>……品質・遅延・事故

 製造業の中には、何十年も前から、メンタルヘルス対策、ストレス対策に取り組んでいる企業があります。それは、メンタルヘルス不調が、作業ミスや事故を引き起こす可能性があるためです。

 メンタルヘルス不調の代表的なものにうつ状態がありますが、うつ状態になると、集中力や注意力が低下しがちで、ミスや事故が発生しやすくなります。また、不眠を伴う不調も多く、眠い状態での作業もミスや事故につながることがあります。

 メンタルヘルス不調を放置しておくと、ミスの発生によって品質低下や生産の遅れを引き起こしたり、事故やケガを生んだりして、生産・製造部門の業績に影響する可能性があります。


<研究・開発部門>……知的生産性

 このところ、メンタルヘルス対策が重視されている部門は、研究開発などの知的生産部門です。

 うつ状態になると、思考力が低下してしまうことがあり、新しいアイデアが浮かびにくくなります。設計やプログラミングのミスが生じる可能性もあります。不眠による眠気も、思考力や集中力を低下させます。

 製造業においても、他の業種においても、知的作業のウェイトは高まっています。また、ホワイトカラーの多くの人も、頭を使った仕事をしています。

 研究開発部門やホワイトカラーの知的生産性を高めるためにも、メンタルヘルス対策の重要性がいっそう高まってきています。 


<営業・販売部門>……顧客サービス

 欧米の金融・サービス業は、顧客サービスの観点からメンタルヘルス対策を取り入れています。

 営業担当者や、窓口・コールセンターの担当者が、ストレスを抱えてイライラしていたり、ボーッとしていたりすれば、顧客対応に影響が出る可能性があります。

 顧客に重要情報を説明し忘れたり、感情をコントロールできず顧客とトラブルを引き起こしたりする可能性もあります。

 アルコール依存もメンタルヘルス不調の一つですが、お酒の抜けない状態で顧客対応をするケースもあるかもしれません。いずれも、顧客のからの信用を失う行為です。

 また、不調を抱えた人は、急に会社を休むことがありますが、顧客との打ち合わせの日に突然休めば、顧客に大きな迷惑をかけてしまいます。
 反対に、心身の調子の良い社員が顧客対応をすれば、顧客満足度が高まる可能性もあります。

 欧米では、顧客満足度を高める手法の一つとして、社員のストレス面やメンタルヘルス面への配慮が行われるようになってきています。


<情報管理部門>……秘密保持

 情報管理面においても、メンタルヘルス状態は大きな影響を及ぼします。

 集中力を欠いた人が不注意によって情報を流出させてしまう危険性もありますし、過大なストレスや不満を抱えた人が、意図的に情報を漏洩するケースも考えられます。

 インターネットの発展によって、誰もが世界中に簡単に情報を発信できるようになっているため、情報管理の重要性はますます高まっています。

 情報管理面でメンタルヘルスの重要性を強く認識しているのが米国防総省です。米国では、国家の重要機密へのアクセス権を得るためには事前の人物審査があり、職歴や経済状態のほか、アルコール・ドラッグ使用歴やメンタルヘルス状態も審査されます(セキュリティ・クリアランス)。

 メンタルヘルス面の不調は、判断力や情報管理能力の低下をもたらし、忠誠心にも影響を及ぼすリスク要因の一つと考えられています。ただし、差別的な扱いにつながらないように慎重な取り扱いがされています。

 軍事情報などの国家機密の漏洩は、国家や国民の安全を脅かす危険性があります。情報漏洩を起こりにくくするために、職員のメンタルヘルス状態を良好に保つ対策が求められているのです。

 企業においても、企業秘密や顧客情報の流出は、死活問題となりかねません。この点でも、社員のメンタルヘルス対策は重要と考えられます。


 以上の点を踏まえた確認項目を挙げておきましょう。職場で次の状況は起こっていませんか?

 品質の低下が見られる
 業務の遅れが見られる
 事故やケガが発生している
 知的生産性がなかなか高まらない
 顧客サービスの低下が見られる
 情報の流出が発生している

 これらの背景には、「ストレス」や「メンタルヘルス」の問題が隠れていることがあります。そこに手を打つことも改善策の一つです。

『プラントエンジニア』誌 2010年5月号掲載
 <スキャンpdf版はこちら>
*若干内容が異なることがあります。


[ 職場のメンタルヘルス ]

目次








 

 <コメント投稿コーナー>(2017-03-31スタート)


ストレス関連テーマへのコメント・コーナーです。

  <最近のコメント・テーマ>



 <8つのチェックテスト>


ストレスがたまっていないかチェックしてみましょう。

ストレスチェック学生版です。

ストレスが「頭の働き」に影響していないかチェックしてみましょう。

自分の状態について知ることは、ストレスケアの第一歩です。


 <ストレス解消・リラクセーション>


自分なりのリラックス法を見つけておきましょう。


リラクセーション

ギュッと力を入れてから、フッと力を抜くことで、リラックスする方法もあります。


気分を変える方法にはいろいろなものがあります。


気分転換をする

写真から選ぶ









ライフスタイルを変える


休息をとる


サポートを受ける


本格的にケア&キュアする

みんなのストレスケア

私はこんなやり方をしています


みなさん、いろいろな工夫をされています。

仮想旅行をする人、畑仕事をする人、ダラダラする人、踊る人、闘う人・・・

みんなのストレスケア評価




1位 ライブへ行って熱狂する
2位 旅行をする
3位 親しい人と食事する




1位 伸びをしながら深呼吸する
2位 目の前の空気を殴ってみる
3位 コーヒー・紅茶・お茶を飲む



 <情報コーナー> (メンタルヘルス対応も)

PTSDは、「障害」か「けが」か? 新しい発想の言葉「OSI」も出てきています。
ストレスを乗り越えて「成長」する「PTG」とは? トラウマは成長につながるか?
ストレスの「バスタブ・モデル」って何? お風呂にストレスケアのヒントが…


部下の不調に気づいたときに、管理職はどう対応したらいい? エスコートという考え方。
家族・友人の不調に気づいたときに、どうしたらいい? エスコートという考え方がポイントです。
セルフケア教育のカギを握る「セルフ・スティグマ」とは?

   
AI、自動運転が間近になってきています。AI時代のストレスマネジメントについて考えます。
「ストレス」と「生産性」の関係は? 欧州24か国のデータから探ってみます。
心身不調時の欠勤コスト(アブセンティーイズム)と出勤コスト(プレゼンティーイズム)


 <職場のパワハラ(パワーハラスメント)防止> 

           
パワハラって何? 6類型とは? 置き換えテストとは? よくある誤解は? 簡単に解説します。
ハラスメント」という言葉は、もともと軍事用語でした。けっこう重大なニュアンスを含んでいます。
意外にも、戦争に行かない兵士の自殺が増加。なぜ?「リーダーシップ」との関係は…


 <震災ストレス関連情報>

避難生活をされている方は「リロケーション・ストレス」にもお気をつけ下さい。
良い支援をするには、支援者のストレス・マネジメントも大切です。
311震災時のストレス・お悩みを再掲載いたしました。


 <みなさんのチェック結果からわかったこと>



 おかげさまで、ストレスチェックは延べ360万人の方にご利用いただきました。このうち、PC版のチェックをしていただいた170万人分のデータを分析いたしました。
この日は、ストレスが高い!

季節との関係はある?

「曜日」「時間帯」との関係はある?

気候や天気との関係はある?

プロフィールによる違いはある?

大震災との関係はあった?

経済指標との関係はある?



 <ラーニング&レポート>







 <ストレス・お悩み 相談&応援コーナー>



  過去のご相談の中から、ピックアップ(週替わり)




トップページ  会社情報  掲載メディア  ご利用規約  プライバシー  ストレスチェック  ストレスお悩み相談 
<著作・制作 株式会社メンティグループ> Copyright © Contents: Mentee Group Inc. Photos: iStock, shutterstock etc.