ストレスケア・コム トップへ





人生において重要なのは生きることであって、生きた結果ではない。 (ゲーテ)



「ストレス・お悩み相談」

    「カテゴリー」で検索




*当コーナーは掲示板方式にはなっておりません。選択・編集した上で掲載させていただいています。

編集方針はこちら




   「ストレス・お悩み」相談コーナー



親に甘えたい気持ちと大人になりたい気持ちとで悩んでいます

 あまり冷静に文章を読み返せていないので、読みづらいかもしれません。でも、読んで下さる方がいれば幸いです。

 幼いころから癇癪を起しやすく悩んでいました。自分でも原因が分からなかったのです。「弟が2人もいるのに恥ずかしい」と子供ながらに思っていましたが、どうしようもなく親を困らせるばかりでした。

 中学校で不登校になりました。いじめられた訳でもないし、特に嫌な事があったわけではありませんが、学校に行くのが辛くなりました。その時も母にかなり我が儘を言いました。結局、不登校になって1年もたたずに寮のある学校へ編入し実家を出ました。高校まで寮生活をし、大学に進学してからは1人暮らしをしています。

 ですが、大学に入ってからは殆どずっとイライラと不安感にさいなまれ母に「死にたい」と何度もメールや電話をし、遠くの実家から母が来ることも何度もありました。帰省時にヒステリーを起こすこともしばしばです。

 最近になり、原因は「私が幼いころ甘え足りなかった」と感じているから、甘えたくて仕方がないんだと気付きました。上の弟とは1年半ほどしか年が離れていないので、私は物心つく前から基本的に「物わかりの良い子」でした。自分でも特に違和感は感じていなかったように思います。確かに無性に弟が憎らしくなったり、親を困らせたいと思うことはありました。それでも、そう思うことは悪いことだと極力抑えてきてどうしようもなくなった時に癇癪を起していたのです。

 そのことを母に話したら、「気付かなくてごめん」「甘えて良い」と言ってくれました。ですが、私はもう大学を卒業する年で、来年以降も進学のため離れて暮らします。下には中3の弟もいるのにみっともないとも思います。

 私は大人になりたいのです。でも、赤ん坊のように親に甘えたい気持ちもあります。心が両極に引っ張られ真っ二つに裂けてしまいそうです。

掲載日:2011-10-11



 応援投票 コーナー  よろしければ、「応援クリック」をお願いします。



56 人の応援投票があります。

同じような経験がある
  14人
気持ちはよくわかる
  11人
気持ちを聞いてあげたいと思った
  5人
応援してあげたいと思った
  3人
無理をしないでほしいと思う
  2人
すごく頑張っている人だと思う
  3人
同じ状況なら私も悩むと思う
  8人
あせらないほうがいいと思う
  4人
同じ状況なら私も不安になると思う
  2人
イライラするのは無理もないと思う
  4人




  悩んでいる方の勇気づけになります。よろしければ、お願いいたします。

  各お悩みへの投票は3回までできます。




 応援メッセージ コーナー  みなさんの応援コメントです。

よろしければ、「アドバイス」や「応援コメント」をお願いします。

 ←お選び下さい。    (600字まで)


  規約を読む


------------------------------------------------------------

7 件のコメントがあります。



共感できたコメント、参考になったコメントがあれば のクリックをお願いします。



こんなふうに感じました 「共感できた」に投票する Click!  5 「参考になった」に投票する Click!  6
 親御さんに対して酷い暴力や脛をかじり倒したなんて話も周り回れば同じ事なのかな??と思います。皆、しっかり自立するまでのプロセスは、それぞれでも、最後は、お母さん、『大切』なんですよね、それで良いんではないですか?シンプルに。

 色んな事があったらそれだけに答えが一つシンプルに出て来るんではないですか? 何よりも、それは母の愛があってこそ。皆さんいつか気付きます。

 2019-09-09



応援メッセージです 「共感できた」に投票する Click!  8 「参考になった」に投票する Click!  6
 私は「オトナになった」「自立した」と感じたのは、社会人になって、自分でお金を稼ぎ始めたときです。

 大学時代もバイトはして、授業料以外の金銭は自分で賄っていましたが、自立している、大人になったとは感じませんでした。

 社会人になって、自分のお金で生活をして初めて、大人になったと感じました。

 今、親元を離れて一人暮らしていますが、仕事で辛いこと続きで実家に帰り、実家から自分の家に戻るときに泣いたこともあります。まだまだ自立していないと、今でも感じることがあります。

 これから進学されるとのこと。学生のうちは、親に甘えてもいいと思います。

 2011-10-11



こんなふうに感じました 「共感できた」に投票する Click!  9 「参考になった」に投票する Click!  10
 「癇癪」は、思っていることを言葉にして言えない心の葛藤だと聞きます。

 不登校になった後、寮生活、大学進学と頑張りましたね。

 お母さんも手のかかる男の子二人もいて、あなたを頼っていたのでしょう。同じような話よく聞きます。

 今になって、「甘えたい」という気持ちに気づけてよかったですね。優しいお母さんにいっぱい「甘えて」下さい。

 大丈夫! その心を満たした時、大人になり自立していくでしょうから・・・。

 2011-10-11



同じような経験があります 「共感できた」に投票する Click!  8 「参考になった」に投票する Click!  12
 私も「物分りの良い子」でした。年齢は30代後半です。

 古臭い話かもしれません。昔、上の子は厳しく育てた代わりに長男長女としての「地位」のようなものがありました。良い縁談が当然のように用意されていたり(当時はそれが幸せだったのです)家族の中でも大人になるにつれ権限や発言権を与えられるようになったりとか。将来の家族の中核として育てられたわけです。

 今は核家族が進んで昔の家族の成長の過程のようなものは完全に廃れてしまったから、上の子は甘えられない部分は不変でも、そのかわりに得られるものがなさすぎます。

 甘えたい気持ちを必死にこらえてがんばってきた。貴方のつらさはよくわかります。
 親御さんに理解していただいたのはとても良かった。今から甘えていいのじゃないですか。疲れたときに愚痴ったり無駄話をするだけでも、癒されるものですよ。

 そこから新しい一歩が踏み出せると思います。

 2011-10-12
応援者: 641slash2  さん



応援メッセージです 「共感できた」に投票する Click!  9 「参考になった」に投票する Click!  10
 親に甘えたくなるという事は、どの年齢になってもある事だと思います。しかし、年を取るとそれも中々難しい事かと思います。

 だから、今の年齢に合った甘え方。例えば、愚痴を聴いてもらったりとか、何かについて語ったりとかそんな感じで親とよく語る事をすればよいかと思います。

 そして、充分に甘えたら、それをまた親や兄弟に返してあげてください。そうすれば、自然と大人になっていきます。

 これだという大人のマニュアルや設計図はありません。手探りでゆっくりと、そして着実に素晴らしい大人になってください。

 2011-10-13





同じような経験があります 「共感できた」に投票する Click!  8 「参考になった」に投票する Click!  10
 弟が生まれたとき、わたしは親の愛情をとられた気がして『●●(弟の名前)ばっかり!』と泣きじゃくって居た日を思い出しました。

 人間は愛情をもらえないと心が満たされない、なんだか苦しい気持ちになると思います。

 歳なんて関係ないのです、甘えるのに。わたしはいまだにお母さんに迷惑かけていますよ(笑)

 2011-10-14



感想です 「共感できた」に投票する Click!  6 「参考になった」に投票する Click!  7
■相談者の方からのお礼の言葉です■

 相談者です。

 本当は、一つ一つのコメントにお礼をしたいのですが、都合上このような形でお礼させて頂く事をお許し下さい。

 皆さんのコメントを読んでいるうちに、「甘えたい」と思う事に対する恥ずかしさや罪悪感が薄れていく気がしました。
 物事を少し難しくとらえ過ぎていたのかもしれないなとも思いました。

 友達にもなかなか相談できないことだったので、ここに書き込んでみて本当に良かったと思います。
 心が少し軽くなりました。

 まだ、本調子とは行きませんが、親に甘えさせてもらいながら少しずつ自立した大人になって行けたら良いなと思えるようになりました。

 コメントをくださった方々も、応援クリックして下さった方々も本当にありがとうございます。

 2011-10-21
応援者: saki92  さん






 応援メッセージ、応援投票、ありがとうございます。




ストレスケア トップページ  会社情報  掲載メディア  ご利用規約  プライバシー  ストレスチェック  ストレスお悩み相談 
<著作・制作 株式会社メンティグループ>   Copyright ©   Contents: Mentee Group Inc. Photos: iStock, shutterstock etc.